スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 2015 オーストラリアGP 

久しぶりの更新となります(^-^;

さて、今年からは、フジテレビオンデマンドの有料会員になり、フジテレビネクストスマートでフリー走行から決勝まで観ることができるようになりました(^-^

プレシーズンテストでは、PUのトラブルが多発しホトンド走れず、アロンソのクラッシュ&休養も有り、散々とも言えるシーズンスタートとなってしまったマクラーレン・ホンダ。

フリー走行や予選、決勝での挙動を見る限りでは、マシンは安定しているので、マシンの素性はすごくいいと思います。

2台のうちのもう1台のドライバーであるジェンソン・バトンが、レースを通して本当に貴重なデータをもたらしてくれましたし、それに伴って、連続走行の記録も飛躍的な更新(14周⇒56周?)も成されました(笑)

いまのところは、PUが全開走行(オーストラリアでは60%くらいにセーブ?)ができない状態で、レノコンサスラップでアロンソの代役のマグヌッセンがリタイアと、PU関係のトラブルは・・・おそらく夏休み明け~シーズン末まで続くのかなぁーとも思えるような良くない状態です(^-^;

しかし、PUのエンジン部分で言うと、基幹的な部分では、メルセデスに並ぶくらいの? 革新的な技術を搭載しているんじゃないかとか、前向きな話題は有りますので、これからずーっと応援していきます(^-^
※革新的な技術⇒ 圧縮比がすごく高い・・・?圧縮比で思い出したのは、i-VTEC Iという65:1くらいだったかな。最近でいう高圧縮で言うとマツダのスカイアクティブテクノロジーの14:1ですが、その圧縮比をはるかに超えるエンジンを過去に製品化していたような)


がんばれ!マクラーレン・ホンダ!(^-^


スポンサーサイト

F1 無線通信の内容の制限? 

規約が迷走に迷走を重ねていっているように感じる、最近のF1(^-^;

F1というのは、一時期チームオーダーが禁止され、その後にチームオーダーが解禁されたことからチームスポーツだと思います。

レースペースのコントロールからマシン全般の状態、ライバルとの距離やセクタータイム、コーナーごとのタイムなど、多岐にわたる情報をチームとして監視し管理し、状況に応じてピットとドライバーとで連携をして、勝利や一つでも上のポジションでのフィニッシュを目指してこそのチームスポーツであると、思います。

それなのにその手段である無線通信を制限するというのは、チームスポーツに反するような・・・(^-^;


そもそも、無線通信の内容の制限をするよりも、無線通信の時間(各フラッグ提示時以外)を制限すれば、いいんじゃないのかなと思います。

暗号化を防いだり、いちいち無線の内容チェックするよりも、ただ単に時間を制限すればいいだけのことで、では時間の制限の方法はどうするのか? といえば、まず無線通信可能な時間を規約で規定して、無線を使うときにはこの装置のこのボタンを必ず押して、押した時間だけカウントダウンして、規定した時間がゼロになれば無線通信が使えなくなる、ただそれだけのことです(^-^

F1を観る人というのは、日本で言えばマニアックな層になります(笑) し、F1の人気低迷が叫ばれています。
今回の無線通信の制限というのも、この人気低迷に対する 『対策らしい』 ですが、その原因を探るときに、まずF1のどこを最初に観て、ファン(よくF1を観るように、つまり人気)になるのか? と考えたら、無線通信というのは、ファンになったあとに興味を持つ(マニアレベルのF1ファン笑)のではないのかなと思いますし、時間制限の為に暗号を使われたのであれば、マニアな方であれば、その暗号の意味を理解する工程がワリと楽しいと思います(^-^

ということで、2004年からのF1マニアな(F1無線大好きな)管理人による乱文でした(笑)

フォーミュラーE 開幕戦 中国GP 

ハイライトは・・・ファイナルラップの、勝てないハイドフェルド、でしょうか(^-^;

ハイドフェルドはファイナルラップ直前の24周目に、最終コーナー手前で『ここでいくぞ!』っと、マシンを横に振ってNプロストのミラーにしっかりと自らのマシンの姿を写したのに、ファイナルラップのそのコーナーでNプロストに並んだところで、動画を見て確認しましたが・・・完全にNプロストがハイドフェルドへ当てに行って、両者リタイア。

Nプロストは、最低でも次戦出場停止、またはライセンス剥奪でもいいくらい、悪質なクラッシュです。


そして琢磨選手は・・・謎のトラブルにより、一時コース上にストップして再度走りだしたものの、4週遅れ(^-^;
8~9周目時点でのバッテリー残量がテレビに出ていましたが、周りの選手は50%後半~中には70%という表示になっているのに、琢磨選手だけ確か15%だったような? トラブルの原因??

ですが、ファステストを取り、ポイントも獲得(^-^


締めに、僕は地上波で観ていましたが、レースの全体的の感想としては・・・なんだかよくわからないレースだなぁ~、と(^-^;

・電費を良くするためにスロットル緩めていると思ったらほぼフルスロットル。
・順位は頻繁に表示されるのにバッテリー残量はあまり表示されない。
・共通ECU? ならモーターへの出力モードもわかると思うのに表示されない。

追記:よーく見直しましたが・・・、モーターの出力、回生状態、出力マップの表示が有りました(^-^;


今回のレースは琢磨選手が出場するということで観ましたが、次からは暫くの間は録画で十分かなぁ(^-^;

佐藤琢磨、フォーミュラーE開幕戦にアムリン・アグリから参戦! 

このニュースを発見した時には・・・

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

( ゚Д゚)ウヒョー

っとなり、ニヤニヤが収まりませんでした(笑)

とりあえずは、開幕戦のみのスポット参戦のようです。


スーパーアグリがフォーミュラーEに参戦という、心が沸き立つニュースから、チーム名が変更され、国籍も変更されるという・・・。

言い過ぎるとするなら、悪い言葉ではありますが、騙されたような・・・、そんな心境へと一気に突き落とされるような変転がありましたが、これで一応のメンツは保たれたのかな?(ダレの??笑) と、思いますね(^-^

どうでも良かった開幕の日が、とにかく待ち遠しい、すごくたのしみな開幕の日となりました(^-^

フォーミュラーE アムリンアグリの国籍が日本国籍に! 

これは・・・!

ガッカリはしたくないです。

すごく大きな期待とともに、吉報を待ちます(^-^

F1 2014 ベルギーGP 2度目の『Remember this one』? 

結果はさて置き・・・(笑)

2週目のロスベルグとハミルトンの接触により、ロズベルグはウイングを小破、ハミルトンはタイヤバーストとフロアなどの破損に至りましたが・・・。


少しさかのぼり、前戦のハンガリーGPのファイナルラップで、ハミルトンを抜こうとしたロズベルグを、ハミルトンは強引にブロックし、コース外へ押し出そうとしました。

その時にロズベルグは、2013年のマレーシアGPで燃料をセーブしながらノロノロと前を走るチームメイトをチームからの指示で抜けないままレースを終えた時に

『Remember this one』

と、吐き捨てて大いに話題になったこのキーワードを、胸に秘めていたと思います・・・、というのは個人的な妄想ですが(^-^


いつかの・・・初優勝を飾って、その後のレースだったと思います。バーレーンだったかな? 

短めのストレートで、ロズベルグを抜こうとしたアロンソに対して、ロズベルグが大きくマシンを横に振って牽制をしたのを、よく覚えています。

大人しく確実なドライビングを、理不尽とも思えるようなチームからの指示すらも従順に従う優等生ドライバーというのが今までのロズベルグへの評価だとすれば、これからタイトル争いが今よりももっと熾烈になっていけば、従順で優等生ではないロズベルグのドライビング・・・、たとえハミルトンがラインを潰しに来ても、結果的に接触してしまうようであっても、それに抗うロズベルグのドライビングを、僕は見たいです(^-^

フォーミュラーEのスーパーアグリは・・・? 

時系列↓                    それに対するコメント↓

①スーパーアグリ、フォーミュラーEで復活!→おぉ!(^-^

②スーパーアグリ・フォーミュラーE(以下SAF・E)のドライバー候補に佐藤琢磨選手!→たっくん!たっくん!

③SAF・Eのチーム名がアムリン・アグリ・フォーミュラーEに・・・。 →えぇ・・・ (^_^;)

④チームの国籍も日本国籍からイギリス国籍に・・・。 →・・・これは・・・ (・_・;)   


ドライバーは女性ドライバーともう一人・・・誰だか忘れましたが、たぶん過去において、F1のテストドライバーかサードドライバーかGP2ドライバーを務めた方でしょう(笑)


鈴木亜久里さんが絡んでいるということはホンダのつながりがあるのではないか、と思っています。
チームとしてエントリーして、日本はスーパーアグリ・フォーミュラーEとなった。
背後にはF1参戦時に関係のあったホンダがいるけど、初年度はワンメイク? なので、ただレースするんじゃなくて、レースすることに意義を見出したいホンダにはワンメイク(あれそういえばインディーも・・・ほぼ?)は参戦しても意義がない、という理由から、初年度はサポートしないけど、技術競争ができるようになった時には参戦したいから、その足がかりを作るためにエントリーには支援をした・・・と、勝手に思いました。
チーム名に『aguri』がのっているので、スポンサーではないけど、エントリーの支援以外にもなんからの支援もあるのかな?とも・・・?

個人的な推測であり思いであります(^-^


琢磨選手は現在インディカーだし、来年もインディカーなのか?というところの絡みもあると思いますが、ワンメイクが解除された暁には、ハイブリッド車に関する技術を高めるためにも・・・、F1との二足のわらじにはなってしまいますが・・・
『フォーミュラーEにホンダが参戦! 提携チームはF1を彷彿とさせるスーパーアグリ! エースドライバーは佐藤琢磨!!』
というのを切に願います(^-^

P1020224.jpg
この部分はあまり触らないようにして、たいせつにしているステッカーです(^-^


F1 2013 イギリスGP ハイライト・・・ 

タイヤの方は結局チームの使い方に問題がありということになったようで、タイヤのルールにも改定が行われ、全チームの同意なしにタイヤの構造を変更可能となりました。

ハイライトの動画があったので貼り付けます(^-^



美しきHD動画・・・(美しき残酷な世界・・・ならぬ 笑)

ついにあと3日で進撃の巨人のオープニング主題曲・前期後期を収録したシングルCD『自由への進撃』が発売となります(^-^

こちらの方は初回限定盤を予約済みです(^-^

CDといえば、BUMPの2つの年代にわかれたCD2枚が発売され、購入する予定でしたが、これというは要はA面のアルバムみたいなもので、昔の曲を再レコーディングというワケではないそうで、その部分で・・・となったので、現在は購入を見送っています(^-^

前期分(1998-2005?)では、せめて天体観測あたりを再レコーディングなら、迷わず購入しましたが・・・(^-^;



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。