FC2ブログ

S660 オープン走行時の大敵 

S660はタルガトップというオープンカーに分類される車で、この季節は週に1回はオープン走行します。

オープンで他の車があまり走っていない道路&時間を狙ってマイペースに走っているときに、急に目に激痛が走って安全を図りつつも急減速・・・そしてハザード付けて停車。

どうやら目に異物が入った様子(^-^;

目に異物が入ること自体はオープン走行をしていればままあることですが、この時は痛みのレベルが比較にならないの激痛がまばたきをする度にあり、痛くていたくて涙ぽろぽろ。でも一向に痛みは引かない。

目にゴミが入った時は絶対にこすっていけないというのは知っているので、とにかく涙で流そうとその場でしばらく泣き続けていたところ、痛みとまばたきを我慢しつつも運転できる状態にはなりました。

少し走ったところに水道のある休憩できるところがあるので、そこまでゆっくりと運転していって、そこで目を洗ったところだいぶ痛みは引きましたが、強い違和感が残っている・・・。

そこから家に帰る時もゆっくり走って、家に帰ってからもだいぶ目を洗いましたが、違和感は消えないし痛みが復活(^-^;

これはやばいなぁ・・・日曜の夜間緊急病院で眼科はあるのかな・・・とだいぶ焦りつつインターネットであれこれ探しているときに、痛みで涙が溢れんばかりにたまって、座椅子から立ち上がる時に座椅子から這い出るように四つん這いの状態になって、その溜まった涙がまばたきとともに落ちて・・・あれっ! 痛みが消えた!!

どういう原理で目の異物が取れたのか・・・、痛みや違和感がきれいに無くなったので、目の奥の方に入り込んだとかではなくて異物が本当に涙と共に取れたと思いますが、次からオープンドライブに行くときは目薬を携帯して、どうやっても取れない目の異物には今回の

①目に涙をためる
②下に向かってまばたきをする

この方法を試したいと思います(^-^


と・・・。
この後、そんな事態に陥るとは知る由もない、のんびりと写真を撮っていた時(^-^

富士山にフォーカス。
IMG_5487.jpg

S6にフォーカス。
IMG_5500.jpg

S660 洗車後のブレーキ固着 

IMG_1350RE.jpg

前までは1~2週間に1回、週末の土曜日の朝イチに洗車をしていましたが、5月くらいからは気温の上昇と日が長くなってきたこともあり、金曜日の仕事が終わって帰宅してから洗車をしています。
(仕事でいくら疲れていても、汚れた愛車を見るとこのままで週末出かけたくないし、不思議と体力が湧いてきます(^-^ )

洗車して拭きあげて、スマートミストという簡易コーティングをして仕上げて、お風呂入ってご飯を食べて、いつもならそのあとに水気を飛ばすために軽く走りに行きますが、その日はご飯後の眠気に負けてそのまま就寝。

翌日にドライブへ行こうとエンジンON⇒シフトポジションをDでサイドを下ろして発進・・・のはずが、まったく前に進まない。

S6のブレーキディスクはかなり錆びやすく、雨上がりなどに軽くブレーキが固着していることはありましたので、軽くアクセル踏めば動くだろうと、数%アクセルを踏んで・・・も、やっぱり発進しない(^-^;

『これは完全に固着したかなぁ~』と思ってアクセルを10%くらいまで踏んでも微動だにしなくて、このままもっと踏むとブレーキがマウントからもげそうだったので、ディスクの固着をやわらげれないかと思って水をかけて少し時間をおいて、結局アクセルを15%いかないくらいまで踏み込んだところで『バキィィッ!』とものすごい音を出してようやく発進しました(^-^;

雨と水道水によるブレーキディスクの固着具合の違いは、いずれかの水の成分によるものではなくて、

・雨⇒上空からボディ面(地面)に落ちだけで、強風と等がなければブレーキディスクなどの入れ組んだところにまで入らない(湿気による表面的な錆び)

・水道水(洗車)⇒洗車ノズルで水を吹き付けて汚れを落とすときにブレーキディスクなどの入れ組んだところに入る(水分を結果的に隙間に押し込むことによる内部・・・深層?的な錆び)

ということによって発生することだと思いますが、これからはなるべく洗車後に軽くでも走って水気を飛ばしてあげようと思います(^-^

近況 

最近になって一眼レフカメラのEOS 80DとレンズSIGMA 100-400を購入しました。

これまではみんからというクルマサイトでの更新がメインでしたが、カメラを購入したことにより写真を多く載せたい気持ちがあり、みんからではアップロード写真の写真1枚当たりの容量規制が厳しいので、修理や整備など他のS6オーナーの方にとっても有意義な情報はみんからと共用にしつつも、今後はこのブログをメインにしていこうと思います(^-^

ということで、夕暮れの西伊豆スカイライン&戸田あたり? の浜辺の公園にて。

IMG_7325re.jpg
IMG_7315re.jpg
IMG_7200re.jpg

S660 おおよそ1年越しの異音解決・・・ 

昨年の7月くらいからエアコンコンプレッサーからの異音に悩まされ続けていましたが、95%以上の確率で? 解決です(^-^

過去の記事を見返してみて、こちらのブログにも記事を作っていたような気がしましたが・・・無かったです(^-^;

エアコンコンプレッサー使用時に、アイドリング時のひどい異音にも悩まされていました(^-^;
(※別の記事のコメント欄に書いたような気がしますが、独自の調査によると、エアコンコンプレッサーon時の回転を上げるに伴うガーという異音は・・・これは残念ながらS6の仕様のようです)

ディーラーさんと、そして真摯に協力して頂いたフィットの時からお世話をしていただいている知人様方にはほんとうに感謝です(^-^







詳細は今週末辺りに記事に追加できたらと思っています。

S660 一目惚れして欲しい物・・・ 

KENSTYLE さんの S660 ガングリップ&Dシェイプデザイン ステアリング

パッと見た瞬間に『コレいい! 欲しい!』と思ってしまったすごくかっこいいデザインのステアリングです(^-^

純正と比べて握り心地(純正より太い細い?)が少し気になりますが・・・。

ステアリングの取り外し等はフィットで経験済みなので作業は恐らく出来る。

そして予算は棒茄子で・・・?(^-^

S660の近況・・・ 



DSC_1426nrs.jpg

この間の休みの昼間にオープンドライブに行って2~3時間くらい走りましたが、腕や首のあたりが日焼けで赤くなりました(^-^;

次からは日焼け防止クリームを塗るか、夕方にオープンしたいと思います(^-^ 
(夕陽でも日焼けするのか・・・?)

ハイビーム論争? 

ハイ/ロービーム論争は終結か 新技術で覆るヘッドライトの「常識」
by yahoo news

この間の交通安全週間? でも『ハイビームを活用しましょうねー』という推奨運動というか、まぁそういうのがあり、この運動期間中は以前と比べると2倍~3倍位の車が街中でも平然とハイビームで走っていて、対向車からパッシングをされてもロービームにせず、いまいち根本的なところまでわかってもらえてないな、と思っていました。

S6で夜間走行時は、対向車のハイビームは当然のこと後続車からのロービームですらルームミラーやサイドミラーに反射してとても眩しく、ルームミラーは防眩機能がありますが、サイドミラーの方は手で遮るしか無いので、前走車からの光の反射を対向車に見立てて、前走車が眩しくないように・・・というのも、技術の優先順位的にはまず対向車から、でしょうけどぜひぜひ解決してもらいたいです(^ー^
(一部の車種を批判するわけではありませんが、ダ○ハツのウ○イクはプロジェクターでレンズの高さがちょうどS6のサイドミラーの高さなのか? ものすごく眩しいです、ヘッドライトが特徴的なので、夜間走行時は後ろを走られるのを極力避けてしまっています ^-^;)


そして・・・、この時期はエアコンを使わないで済むので通常走行&オープン走行が楽しいです(^-^
外観はほぼ完成で、最近は天下のトヨタ様のアルミテープ貼りを少しやりました。
あとは・・・、サスペンションの減衰調整コントローラー? を付けてみたいなーと思っています(^ー^
DSC_0786_201610232001575ec.jpg




S660 車高調へ交換(TEINフレックスZ) 

リスとウサギのCMで有名? な、専門店で交換作業をお願いしました。

S660の様な足回りはあまり作業経験が無かったようで、予定時間オーバーで作業完了も、ABS、EPS、VSAのチェックランプがバッテリーリセットを行っても消えませんというご報告が(^-^;
ディーラーにて点検をお願いしたところ、左フロントのホイール回転センサーハーネスが断線しているとのことでした(^-^;

もちろん修理費用は専門店の方で出していただき、センサーの方は部品取り寄せや作業予約のため暫く時間がかかるということなので、まずは足回りの慣らしを含めて1週間、距離にして100kmほどチェックランプが点灯した状態で走りましたが、パドルシフトモードの1~3速が2800回転でリミッターが掛かってしまったり、加速するときに4速をスキップしたりしなかったり(何らかの条件があると思いますが)、ステアリングが少し重く感じたり、交差点を曲がる時などに自然に戻らなくなったので違和感を感じたりしましたが、チャックランプの点灯理由を調べ、今までの状態と比べて何が不足している状態で走っているのか? というのを理解して走っていましたので、安全面に対しては全く問題はありませんでした(^-^

足回りの慣らし完了後にアライメント調整を実施したところ、特にリアキャンバーが左右で大きくズレていることが判明(^-^;

この時点で1回目のアライメント調整を行ってもらい、フロントキャンバーはアッパマウントの調整機構でそこそこ規定内に収まりましたが、リアキャンバーは特殊なネジを使わないと修整できないとのことなので、一旦はアライメント終了。
DSC_0427.jpg



後日、ディーラーにてホイールセンサーを交換してもらい、チェックランプは無事消灯(^-^
パドルシフトモードの楽しさを再認識し、ステアリングはEPSオフのほうがなんだか自然な感じに? 思えました。


またまた後日になり、EZカムというキャンバー調整ネジが手に入りましたので、再アライメントに。
DSC_0426.jpg



慣らし走行中にもロードノイズが大きくなっていることには気づいていましたが・・・。後々になって判明したことですが、キャンバーの左右差によりタイヤが斜め走りのような状態になってしまい(ステアリング=まっすぐ直進ではありましたが)、結果としてタイヤの内側に段差ができてしまい、その段差が原因でロードノイズが発生しているのでは? という結論に至りました。

フロントタイヤもキャンバーのズレが慣らし走行中あったので、念のため前後タイヤを左右入れ替えをしてもらい、全体的なアライメントも再修整してもらいました。ほぼ、左右を揃えていただきました(^-^
DSC_0428.jpg


一部はまだ調整の余地もありますが、とりあえずの走行性能には影響は無さそうですので、気になった時に・・・、または何らかのパーツ交換の際に調整してもらおうと思います(^-^
対応していただいたタ○ヤ館三○店さんのチーフさんには、ほんとうに感謝です(^-^

ちなみに・・・、純正サスペンションでは・・・
DSC_0386.jpg

TEINフレックスZだと・・・
DSC_043300

純正では人差し指~小指まで4本の指がフェンダーとの隙間に入りましたが、下げた状態では人差し指と中指+5㎜くらいの隙間になりました。
この状態で保安基準+3㎜と少しですので、バネが馴染むとちょうどギリギリOKになる予定です。

あとエアコン異音の件ですが、正式には確認が取れていないのでまた後ほど・・・となりました(^-^;