月別アーカイブ

 2008年11月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィット 車検用ヘッドライトの・・・ 

準備を開始しました(^ー^

今つけているレンズと交換するつもりで、比較的綺麗そうなものに入札・・・。

あとは、落札して、商品届くのが車検までに間に合うかな? ってとこです。

イカリングつき後期ヘッドライトは・・・まだあります(笑)

出品するにも箱がない状態なので、買うのめんどくさいし・・・ということで、今回落札できたらその箱に入れて・・・と言うのを考えています(笑)

出品は、某有名オークションで行います。
ヘッドライトとしての機能はして、傷もあまりありませんが、一応殻割しているのでジャンクで。
肝心のリングは、点灯確認して、今現在もちゃんと点くことを確認。インバーターもつけて出品予定です。
出品する日は・・・12月7~14日の間に・・・多分? 必ず? 行います。
今は箱がないのでめんどくさーやる気おきない っていう状態なので、入れれる箱さえあれば出品すると思います。

リングつきヘッドライトが欲しい!ってひとがいましたら、拍手ボタンをクリック願います。
そうすると、出品の時期が早まるか、出品するやる気が起きるかもしれません(笑)

スポンサーサイト

SUPERGT 300 最終戦富士にて・・・ 

レースが行われて、一波乱あったようで・・・

波乱というのが、チャンピオンシップを争っているマシンの間で行われた(?)チームオーダー(この場合はメーカーオーダーとも言うべきか)。



動画の最後のほうに写っていますが、タイトルを争うZがあとひとつポジションをあげればタイトルゲットという状況で、前を走るZがファイナルラップのホームストレートでタイトルを争うZへポジションを故意に譲ったと、この動画を見て僕は思います。
故意というのは、マシントラブルであればレコードラインにはとどまらずにコース外やラインを外れたところで普通はスローダウンしますが、この場合にはレコードラインに留まって『お先にどうぞ』と言わんばかり・・・。

譲るならゆずるで、譲り方がすごく下手なんだなー。
わざわざ物議をかもすような譲り方をすれば、抗議がくるのはいたって当然。

じゃあどうすればよかったのか?

それは・・・、雨のコンディションなので、わざと挙動乱させて、タイムロスの計算をした上でスピンするとか、ちょっとコースアウトするとか・・・プロドライバーならこのくらいは出来るよね。
譲るならゆずるでいいけど、今回のような、あからさまなのは絶対にだめだと思います。見ている方として、非常に興ざめです。

今年の夏くらいからちょこちょこっとGTのレースを見ていますが、今まで見た中で1番後味の悪いレースです。

あぁ・・・これでZ&日産が嫌いになった(笑)

フィット VTECインジケーターならぬ・・・ 


Ecoドライブインジケーター。

前にも簡素なのを作りましたが、今回は7セグメント(7セグ)を使って作りました。

7セグは容易に入手可能なのですが、発光させる方法についてインターネットで調べてみるも、マイコンを使ったやり方などは載っているのですが、単体で光らせる方法は載っていない・・・。
まぁ要はLEDの集合体だから、電源繋げば点くでしょうと思って繋いだら、点きました(^-^b

で・・・いきなり完成。

DCF_02480-0.jpg

全部大文字にしようか悩みましたが、これにしました。

今日、会社帰りに・・・ 

信号待ちの先頭で、HID消してイカリング&モノアイ(緑色と赤色)を点けて待っていたところ・・・1台の対向車が。

距離は約10メートル・・・、制限速度40キロなのに30キロも出てないんじゃないかというくらいにトロトロこ僕のほうへ向かってくる。
そして、街頭の光がその車の屋根の上にある、『ナニカ』に反射する・・・。荷物入れにしてはやけに横に長い・・・。
距離は5メートル・・・、だんだんと車の輪郭がわかってくる。セダンタイプ・・・、屋根の上にある『ナニカ』がやけに光に反射する・・・、ヘッドランプはノーマル・・・。
そして、その車ががかなり接近しきた。色は・・・白と黒のツートン・・・。センスの悪いパンダっぽい・・・(笑)屋根の上のものは・・・赤色灯!Σ( ̄ロ ̄lll)
うわぁ、ヤバイ!パトカーだ! っと、その瞬間に思いました(^-^;

明らかな灯火違反な上、一応法律上では、信号待ちでもヘッドランプは消してはいけないことになっているので、またまた違反。
が、ちょうど斜め2メートル前くらいにパトカーが来たときに信号が青になったので、すかさずHIDつけて発進。普通に発進したので呼び止めれれることも、追われることもなく無事にその場を後に出来ました(^-^;

遠目からみても明らかな違反なので捕まえようとしたら簡単に出来たはず・・・。

一人しか乗っていなくて、出来なかったのかな・・・?
それとも、頭の回転が鈍くてとっさの判断ができなかったのかな・・・?

フィット 走行距離・・・ 

26fbad00.jpg

フィットを買って約2年・・・。
買ったときに約2000キロだったので、約46000キロ走行。年では約23000キロ。
かなりのハイペースで距離を重ねております(^-^;

フィット ナンバー灯 交換  一部訂正あり 

作業のフローチャートっぽいのです。

僕的には、内装を剥がさずにやる方法をお勧めしますが、一応両方の手順を・・・。
これはあくまでも目安としてなので、作業はすべて自己責任にてお願いします。
交換の際、球を長時間の点灯後に交換しようとすると、絶対に火傷します。球が十分に冷えてから作業してください。

*内装を剥がさずに交換する場合*

ナンバー灯をしたから覗き込みとこのようになっています。リア側から見て、右側は右方向へスライドさせてやると外れます。僕は前回の交換時にこの透明なパーツを破損させてしまった(気温?劣化?)ので、一応ドライヤー等で少し暖めてからスライドさせると良いと思います。破損させてしまってもディーラーにて・・・確か1000円もしないパーツだったと思います。最初に外すときは少し固くなっていると思いますので、少し力を加えてスライドさせます。
DCF_0083.jpg

そうすると、このように外れます↓そしたら、2箇所爪で止まっているところがありますので、爪をつまんで透明なパーツと分離させます。
大体は・・・写真のようにかなり汚いですw ついでなんで、綺麗にしてあげましょう。
DCF_0082.jpg

あとは球を交換して、点灯確認して、元通りにはめ込ませて、外すときとは逆の方向にスライドさせるとロックがかかったような感じになりますので、そうなったら交換終了。
左側のは覚えてませんが・・・多分、左側にスライドさせると外れると思います。



*内装を取り外して交換する場合*

まずは2箇所クリップをはずします。ここのクリップはクリップの中央のくぼみ(?)を押してやると外れるタイプだそうです。僕が作業したときはこのタイプのだとはわからず、外れなかったので壊してしまいました(^-^; そして、クリップの横にある取っ手の内側に隙間があるところがありますので、そこに保護テープ等を巻いたマイナスドライバーなど、先の細いものを突っ込んで、こじる感じで外します。
DCF_0086.jpg

次に、内装の中央にヘソみたいなものがありますので、これも保護テープを巻いたマイナスドライバーで取ります・・・が、この下に何が付いていたか忘れたので、何かあった場合には、その何かを外します。
DCF_0085.jpg

そうすると、内装を剥がせる状態になります。まずは、端のほうに保護テープを巻いた~のを突っ込んで浮かせます。外すときに、バキバキっと結構大きな音がしますが、気にしません。
で、剥がすとこんな感じになります↓ 
そしてナンバー灯の辺りを見ると、片側は丸見え、片側はワイパーのモーターユニットに一部隠れた状態になっていますので、作業の邪魔になるようであれば、ユニットを外します。ユニットのはずしかは他のサイトでも乗ってると思うので・・・。ナンバー灯交換作業でユニットを外すのは時間が結構かかるのでお勧めしません(^-^;
DCF_0084.jpg

ナンバー灯のところを見ると、つめで2箇所止まっているだけなので、指ではさみこんで取ります。コードの長さが短いようであれば、ソケットを外してやります。


そして交換して、外した逆の手順でやりますが、内装を剥がしたときに、白いクリップがボディ側に数個残っている場合がありますので、残っていた場合にはラジペンなど、先の細いペンチでボディから外し、内装につけてやります。
そして穴の位置を合わせ、ちょっと強めに全体を満遍なくたたいてやり、すべてのクリップをはめ込ませます。

そして最後に点灯確認して終了~。

わかりにくかったらすみませんm(_)m



以下訂正
点灯確認は球を取り付けた時点で行ってください。LEDには極性がありますので、向きによっては点灯しない可能性があります。

フィット オリジナルLEDポジション球・・・ 

DCF_0078.jpg


かなり眩しいです。

イカリングよりも明るいです(^-^;

パッと見、白一色の感じですが、近づいてみると・・・青色も! っていう感じです。

このブログには、フィットのナンバー灯関連のアクセスが多いので・・・交換作業の流れのフローチャートでも作ってみようかな。
僕も最初の交換のときに迷ったり、カバーの爪を折ったりもしたので(^-^;

フィット 富士山新五合目 雄大な景色を・・・ 

通行止めになる前にどうしても見たかったので、また登ってきました(^-^

朝に富士山の周りに雲がないか確認して、まったく、雲ひとつすらない絶好の快晴(^ー^
行くときにいつもの国道を通っていったところ、途中で『350.1メガヘルツを受信しました』っと、レーダーが(^-^;;
ちょうど追い抜き中で法定プラス20くらいで走っていたので、もしやと思って回りも見るも・・・何もない。
ここでは、反対車線を通るときには『取り締まりポイントだから注意』って警告がでるので、取締りをやっていたのは反対車線だったのかな~。
白バイにストーカーされてからは、速度出すときはいつも両サイドミラー&ルームミラーを確認しているのですが・・・ちょっとビビリました(笑)

登り口に入るときに燃費系をリセットして登ったところ、約23キロの上り坂の走行で、燃費はリッター10.3キロ(^-^;
VTRCを使っていても回転数が1500~3500回転あたりをつかっているので、まぁ、これぐらいが妥当なのかな。

肝心の景色はというと・・・

向かう途中①
DCF_0065.jpg
その② 延々と直線。帰りは・・・すっごく楽しかったです(^ー^
DCF_0066.jpg
登って、左を見ると・・・
DCF_0070.jpg
右を見ると・・・
DCF_0075.jpg
登るときに凍結注意の警告が出ていたので、やっぱり路肩には少し粉雪が
DCF_0071.jpg
駐車しているところが微妙に傾斜していて、足元をのぞくと・・・。下まで落ちない限り止まらなそうです
DCF_0074.jpg


フィット①
DCF_0073.jpg
フィット②
DCF_0069.jpg

唯一惜しむべくは・・・、携帯のカメラの性能が低いこと(;-;
写真で見るとショボク感じますが、実際に見るとかなりの感動モノです・・・。




フィット ナンバー灯&ポジション球 改良 

DCF_0062.jpg

ハンダの量、抵抗&ダイオードの足の長さ・向き、LEDの足の長さを切り詰め、ウェッジベースに完全に収まるようにしました(^-^
外観的には、売り物のレベルです。

仕事場行けば吸い取り機あるし~、性能の良いコテもあるし~、良質なハンダもあるし~

・・・盗んで使ってませんけどね?(^ー^

フィット ナンバー灯&ポジション作成 

部品とどいて、あっという間にサクサクッと完成(^ー^ かなり細かい作業でしたが・・・。

DCF_0060.jpg

円形に5個、中央に1個の配置ですが、円形には白色、中央に青色を使用。かなり明るいです。

ちょっと心配なのが照射角。前から見るとかなり明るいですが、横からみると・・・暗っぽいかな?

作成費用はT10タイプの場合で、ウェッジベース30円くらい、LED付ける基板30円、LED1個35円(6個で385円)、抵抗1本10円、スイッチングダイオード1個35円くらい・・・。
で、約500円です。
このほかに手数料なども当然かかりますが、自分オリジナルのが作れてこの価格。
僕は以前に市販品のLEDポジション、2個で1セットを2000円で買いましたが、半年もたずに逝かれました(^-^;
それを考えると、コストパフォーマンスは結構良いと思います。

あとは寿命が・・・どのくらい持つかなー。

フィット ナンバー灯&ポジション・・・ 

の、LEDバージョンの作成キットを発注(^ー^

3mmLEDを6個配置。 

色の配置も自由自在・・・と思います。

届くのが楽しみです(^-^

今日は・・・ 

富士山登って冷やしすぎたのか、風邪気味です(^-^;

先週風邪引いて、また引いて・・・(^-^;; 学生のときは滅多に風邪引かなかったのに・・・。

で、一日ゲーム&PC三まいでした(笑)

これで、喉にきたらやばいなぁ・・・。

フィット 車検戻しについて・・・ 

聞きに行ったところ、かなりの部品の戻しが必要なようで(^-^;;

なんでも、僕の住んでいる県は全国で1番、車検(車両?)に対して厳しいらしい・・・。

タイヤはOKでした。

ヘッドライトは、リング付のはNG。
車検の時にはリング付のに戻して通そうかと持っていたけど、リングがだめなので、リング付のを売って、左右セットの純正後期ヘッドライトを買う予定です。

明日にはヘッドライトの写真とって・・・、初めてのオークション出品((^-^
いくらで売れるかな~。

今日、一年ぶりに・・・ 

富士山新五合目に行ってきました。

フィットを買ってから毎年、冬季通行止めになる前に行っていて、今年も12月に行こうと思っていたら、友達からの話がきっかけで、12月はもう通行止めになっていることが判明(^-^;
調べてみたところ、11月の下旬から通行止めとのことだったので、今日行ってきました。

昨年いったときはもう雪が路肩に少しありましたが、今年はありませんでした。
気温は10度以下と、かなり寒かったです(^-^;

前後に車が居なかったので、マイペースにハイペースで登っていったところ、カーブの奥が深いのが結構あって、所々で突っ込みすぎの状態になってタイヤを酷使(^-^; 

で・・・五合目駐車場に。

駐車場からの下界(笑)の眺め。霧でよく見えませんでしたが、これって・・・樹海??
DCF_0056.jpg

フィット①
DCF_0059C.jpg

フィット② ストレーキと路面との隙間は・・・5センチほどってところです(^ー^
DCF_0058.jpg


フィット タイヤの溝をみると・・・ 

どうやら、車検を通すのに十分な溝が残っている(?)っぽいです。

DCF_04557.jpg

画像では、サイドの溝が赤丸、車検上、残ってなくてはならないスリップサインの溝が黄丸。

サイドの溝はもうほとんどなくフラットに近い状態ですが、スリップサインの溝は、タイヤのフラットな部分から2ミリほど窪んだ状態です。
車検を通れないタイヤというのは、スリップサインの溝とタイヤのフラットな部分が同じ高さになり、スリップサインの所が路面と接している状態のものです。

詳しいことはよくわからないので、今週末、またお世話になっているところへ聞きに行こうと思っています。

今日・・・ 

会社で健康診断があり、身長を測ったところ・・・

昨年よりも1.6センチも伸びて、177センチでした(^-^

前回の測り方が悪かったのか、または今回の測り方が悪かったのかもしれませんが、伸びるというのは悪いことではないです(^-^

ですが、身長が伸びるとフィットのシート位置がだんだんと合わなくなってきて、カーブのときなどに上手く踏ん張ることができなくなったり、好きなシートの位置にすると、足が浮いてしまったりと、フィットに乗る際には良いことがないのです(^-^;

これはもしや・・・シートを買い換えろということ・・・?(^ー^

フィット 今年の12月に・・・ 

ついに1回目の車検なので、車検対応戻し作業&作業準備を行っています。

フィットのタイヤですが、サイドのスリップラインが見えてしまっているので、どうせ交換するならホイールごとと考えています(^ー^
で、オークションなどで探すと、ちょうど良いのがあったり・・・(^ー^


フィット リアストレーキ 装着 

しました。

ホームセンターで0.8mm厚のアルミ板を買ってきて、半分に切って、無限エアロの後輪側サイドステップの取り付けネジ(2箇所)に噛ませて取り付けました。

フロントよりもリアのほうが車高が低くなりやすい?のか、ちょっとのバンプでも擦ります(^-^;

あまりにも擦るので、ちょっと折り曲げたりしてやったりで2ミリほど上げた状態にしたところ、あまりすらなくなりました。

効果は・・・よく分かりません(^-^;

今は、多少は曲げ加工してありますが、曲げるのがちょっと難しい位置にあるので、走行風を受け流すというよりは、ただの抵抗になっている状態なので・・・(^-^;

今後、受け流せるように、角度を変えていく予定です。

F1 佐藤琢磨、再度、トロ・ロッソのテストに参加! 

F1 : 琢磨、再びトロ・ロッソのテストに参加(速報)
bt TOP NEWS

2日間に渡って担当??
前回のテストでは薄くでしか印象付けられなかったと思いますので、今回のテストでは、良い意味で、脳裏に焼きつくような走りを期待したいです。

BUMP OF CHICKEN  飴玉の唄 

唄い方がかわいい(*^_^*) ポッ
感情がこもっています。



ちなみにこちらが普通に?唄った感じの↓

TOYOTA iQ トヨタ iQ・・・ 

凄い(笑)



ちなみにですが、iQにもフロント&リアストレーキらしき物が付いています。また、確か・・・フルアンダーカバーも付いていたような・・・?
20081105-00000025-oric-ent-view-000.jpg
タイヤの前にある出っ張りが、それと思われるものです。

フィット イオンデポジット研磨・・・ 

しました。

といっても、先週の話ですが(^_^;

使った材料は、PCSさんのガラス研磨剤と、研磨するためのスポンジみたいなもの。

研磨剤を適量スポンジに付けて研磨すると、最初はジャリジャリした感じなのですが、イオンデポジットが研磨できてくると、キュッキュキュッキュした感じになります。
キュッキュキュッキュした感じになってから水で研磨剤を流すと、イオンデポジットの無いガラス面と対面(^-^ とてもきれいになります(^-^b
フロントウインドウ、リアウインドウ、リアの荷室の横にある小窓を研磨したところで研磨剤が無くなったので、また頼もうかな。

研磨後は、クリーンビューのシリコン+フッ素配合とか何とか言うコーティング剤(雨はじき剤?)でコートしました。

佐藤琢磨 ジレットフュージョン(GilletteFusion) CM 



テレビ観たときに偶然みました。

ハイテンションな琢磨選手(^-^

フィット インダッシュモニター&DVDプレーヤー取り付け 

しました。

取り付けは、エアコンのパネルを完全に取り外して実施。

オートエアコンの場合にはコネクタの取り外しのみで出来るそうですが、マニュアルの場合には各ケーブル(外気内気切り替え、温度調節、送風位置変更)を外さなければいけないので、かなり面倒(^_^;
外すのには、各ケーブルを留めてあるピンのところを触ると、一部だけ突起になっているところがあり、そこをちょっと押してやると、ケーブルをスライドさせて外すことができるようになります。

で・・・外して、組み込み前のチェック。
DCF_005009.jpg

ちゃんと写ります(^ー^
DVD観れます。mp3、mp4、WMA、などなど、多彩な再生形式に対応しているので、長距離ドライブの際の暇つぶしができます(^ー^

が、取り付けてから・・・
DCF_005190.jpg

このように一部の点灯が薄い状態に・・・。

操作パネルと表示パネルが一体形式となっており取り外しが出来るタイプなので、接点不良だと思って外して、また取り付けてみると・・・
DCF_005409.jpg

ちゃんと点灯します(^_^;

接点復活剤でも塗るか・・・、それとも、最終手段としてハンダで接点を繋ぐか・・・、それか、端子の部分にハンダを盛ってやるか・・・。

カメラ等の入力端子は、やっぱり1端子分たりなかったので、AVセレクタでも付けようかなと思っています。

ちょこちょこと問題点や改良すべき点はありますが・・・、駐車の際にぶつける心配がほとんど無くなったのが大きいので、まぁ満足です(^_^

フィット ストレーキ 作成 

DCF_00559.jpg

左側はちょっと前に出ていて、右側は奥まった位置につけてあり、走行風を受け流すようにしてあります。
さらに、右側の端を少し跳ね上げて、ダウンフォースを狙った形状に(^ー^
これをつけた効果かわかりませんが、カーブを走行しているときに、ステアリングのレスポンスはホンとに微妙に鈍くなった気がしますが、タイヤのグリップに粘りが出た感じがしました。

取り付けは、バンパーにネジで直付け&シリコンなどの接着剤でかなり強固につけているので、外れることはまず無いはず・・・。外れるとしたらたぶん、バンパーの破片とともに・・・(笑)

地面とのクリアランスは、約8センチ以下くらいと、かなり低くなり、ちょっとした地面のバンプ(凹凸)でガーガーすります(^-^;

材料は、アルミの0.8ミリ板を使っていますが、結構曲げるのに力使ったので・・・、ふわわキロくらいなら風圧で曲がってしまいそうですが、そんなに出す機会は無く、出るわけも無いので、路面状況にさえ少し気を使えば問題ないでしょう。 

F1 2008 ブラジルGP チャンピオン決定&オーバーテイク・・・ 



マッサがチェッカーを受けたときにマッサの父?がフェラーリのピットに居たので、チェッカー振ったのは??

空喜び・・・(;-;

勝てるレースを落としたり、ポイント取れるレースでポイント取りこぼしたり・・・。

昨年もそうだったけど、18戦(?)もレースしてきて、たった1ポイント・・・、ほんの数秒でだからね~・・・。

過ぎたことを、あーだったら、こうだったらとか、思うこともあると思うけど、今年思ったことを、来年へと、マッサは・・・繋げれるかな・・・?

F1 2008 ブラジルGP 決勝 

結果は・・・

1位マッサ 2位アロンソ 3位ライコネン

気になるハミルトンは・・・5位(・3・)ブー

放送は、眠気に負けて見れませんでした(^-^;

携帯のニュースサイトによると、残り数週で雨が降ってきて大きな順位変動があり、ハミルトンは一時6位まで落ちるも、ファイナルラップの最終コーナーで、ドライタイヤで粘っていたグロックをオーバーテイクして、晴れてチャンピオンに・・・。認めたくないなー。
戦闘力の劣るマシンでかなり苦労して、その後のチャンピオンならおめでとーなんだけど、最初から良いマシンを与えられて・・・、僕はまだ認めない!(笑)

マッサはというと、このブラジルGPではチャンピオンの親族など、親しい人がチェッカーフラッグを振るという粋な計らいが実施されて(?)、多分、マッサのチェッカーの時点ではマッサがチャンピオンだったはずなので、マッサの親族がフラッグを振ったはずだけど、レースが終わってみれば、『2位』だったわけで・・・。粋な計らいなのに、ちょっと酷に思えます(^_^;



さて、この2008年F1グランプリもこのブラジルGPで今年も終わりということで、また来年の3月末までF1を観れないというのはかなり寂しいです(;-;
来年は、レギュレーションの大変更(おもに空力)があるので、勢力図も大きく変わりそうなので楽しみです。
そしてそして、気になる琢磨選手の行方・・・。オフシーズンにトロ・ロッソのテストがあるかも?ですが、ホンダとはもう切れたし、フォースインディアもマクラーレンと提携しそうなのでシートなさそうだし・・・で、可能性があるのは・・・トロ・ロッソのみ。

テストなど、琢磨選手関連のニュースは随時載せていく予定です。

今日、買い物帰りに・・・ 

ドライブがてら峠に行って、直線のところでぬぬわキロほどだしていた時に、ちょうど白バイとすれ違い・・・。
やばいかな~と思いつつ、アクセルを緩めながらも、ぬわわキロほどで白バイの横を通過しました。
そのときは特に何か行ってくるわけでもなかったのでいつもどおりに走行していたところ、ちょうど僕の前を走っていた遅い車が2車線を塞ぐ形となり、抜くに抜けないので減速。
そして10秒ほど法定+10キロほどで走り、遅い車がちょうどカーブに差し掛かって速度も落ち、その車に合わせて僕も法定マイナス5キロほどで走っていたときに、サイドミラー&ルームミラーになにやら赤色等が!!Σ( ̄□ ̄;)

暫く、5~6メートルはなれたところを走行し、メーターのあたりをちらちら見ながらも赤色等は消えない・・・、そして・・・

続きを読む

フィット インダッシュモニター&DVDプレーヤー・・・ 

届きました。

本当は先日着予定でしたが、宅配便会社のワガママ(確実に家に居る時間帯を指定したのにもかかわらずその時間に来なく、事前連絡すらもなし)により受け取りが1日遅れ、取り付け作業もずれ込みました(ー"ー )

届いた物は、前回購入したときのものはコネクタ部にガタがあって『さすが中国製!』というものでしたが、今回のものはガタなどは無く、しっかりした作りの物でした。

動作確認などはまだしていませんが、外観的には、中国製品としては満足できるレベルかなと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。