月別アーカイブ

 2009年09月 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無限プロフェッショナルフロントバンパー、エンブレムの固定方法・・・ 

DCF_0125_20090930202007.jpg
赤が結束バンド、黄色が両面テープの部分です。機能的には、赤の結束バンドで主に固定して、黄色の両面テープでズレ防止など、補助的な固定を狙ってこの方法にしたと思います・・・たぶん(^-^;


まずは、結束バンドの長さ100ミリくらい、太さ3ミリくらい?(記憶があいまいです^-^;)を2本と、あれば、カーボン調のシールと、強力な両面テープを用意します。
カーボン調のシールが無い場合には、粘着力が強めで、手で裂くことが困難な梱包用テープとか、ホームセンターなどで売っている蛍光反射シールが使えそうです。

まずは接着させるところを脱脂して、カーボン調のシールなどで結束バンドを固定して、バンドを固定したシールを両面テープで上からさらに固定します。エンブレム本体は、グリルの網目にバンドを通して結束します。

この方法で固定して2年くらい?たちますが、両面テープと結束バンドのダブル固定により、ズレる&外れる気配は全くありません(^-^b



スポンサーサイト

F1 2009 シンガポールGP 決勝 

結果だけ・・・

1位ハミルトン 2位グロック 3位アロンソ

中嶋一貴選手は・・・残念ながら9位・・・。またもポイントフィニッシュならず・・・(^-^;

F1 2009 ハンガリーGPでのタイヤころころ・・・ 

ペナルティをくらった問題のピットミス。



5分30秒から問題のピットストップのリプレイですが、これって、指が飛んでたり、腕ごと巻き込まれてたりした可能性もあったんじゃあ?
ドライバーにとっても、クルーにとっても・・・危険なピットストップです(^-^;

リンレイ、Pro Mmiraxでイオンデポジットを除去・・・ 

しました(^-^

まるで、新車の輝きに!

今回は時間が無かったのでとりあえず、フロントバンパー、フロント両フェンダー、左リアクウォーター(フェンダーの先からリアの給油口のふた周辺にまで伸びているパネル)、給油口のふたのみ、行いました。

パッケージ


イオンデポジットが汚い・・・orz
P1000286_20090926202037.jpg

ピッカピカ(^ー^
P1000288.jpg


イオンデポジットが・・・②
P1000289_20090926201907.jpg

ピッカピカ(^ー^
P1000291_20090926201908.jpg


施工する最初の注意事項などとして、説明書にも書いてありますが、エンジンがあったまっている状態では絶対にダメ、ボンネットがあったかい状態でもダメ、直射日光の差している状態でもダメです。

そしてお決まりの・・・施工・購入等は自己責任でお願いします。 です(^-^

秋っぽくなっている今の時期でも施工には気温が低いほうが良いので、施工の作業をするのは朝の10時までが良いでしょうか。(気温は地域にも寄りますが、気温が上がってくると不都合が増えます)
あと、ミラックスの液をふき取る際に必要なクロスですが、マイクロファイバークロスなどの傷が付きにくいとされるクロスが一番良いです。枚数は、ボンネットなら3枚、フェンダーなら2枚、ルーフなら4枚程度は必要と思います。
クルマ用品販売のオートアールズでは、マイクロファイバークロスが5枚で800円程度でしたので、僕はそれをまとめ買いして使用しました。


やり方としては、まず洗車して汚れを落とします。そして、付属のネルクロス(毛埃がかなり出ますのである程度毛埃をおとしてからのがいいです)に米粒2つ分くらいの大きさに液を出して、ピンポイントでイオンデポジットをこすります。力具合は・・・ちょっと強くで、縦に10回、横に10回程度こすります。そして、マイクロファイバークロスなど、傷が付きにくくて、綺麗なクロスで残った液をふき取ります。あとは、これの繰り返しで、イオンデポジットが見えなくなるまでこすります。ワックス効果もあるとの事なので、イオンデポジットが無くなったパーツごとに仕上げとして全体をこれでこすっても良いかも?

それと、イオンデポジットをこすってふき取る際に、白くぼけるときがありますが、その時は水を含んだクロスを使って、液をたたき出すような感じで(水を含んだクロスで白ボケしたところをトントンと軽く10回くらい叩いて)やると落ちるときがあります。
また別の可能性としては、液によって中途半端に塗装面(クリアー)を削ってしまい、平滑になっていないところに液が入り込んでしまっている可能性もありますので、水を含んだクロスを使っても白ボケが落ちないときには、もう1回液をつけて軽くこするのも手と思います。

そして仕上げとして、ブリスXで施工すると更に輝きに磨きが掛かります。が、気をつけなければいけないのが、液によってワックスが塗装面に掛かっていること。ワックス=油分なので、油分が付着している状態ではブリスはムラになってしまいます。
僕はワックスの掛かっている状態でブリスを施工しましたが当然のごとくムラになったので、水を十分に含ませたクロスでムラを落として施工しました。

一番ベストな方法としては、ミラックスを施工した後に台所用洗剤(油分を落とすため)を混ぜた液で洗車して、油分を落とした後にブリスを施工・・・というのが良さそう?です。


取り敢えずは・・・こんなところかな。

鏡面仕上げコンパウンド、Pro Mirax(プロミラックス)・・・ 

フィットのボディを磨く用に買ってきました(^ー^

以前にどこで買ったのかを忘れたのでいろいろなお店を巡ったところ、ちょっと大きめのホームセンターで発見。お値段は約1000円。

パッケージの写真はまだ撮っていませんが、パッケージによると、通常、超極細と謳われているコンパウンドの粒子が0.5μm、対してプロミラックスは0.02μmと、かなり細かいです。


とりあえず、今週末くらいに実験でボンネットを研磨しようと思っています(^-^b


F1 2009 クラッシュゲート、ルノーF1に有罪処分・・・ 

ルノーF1に2年間の執行猶予付き出場停止処分が下されました。(敢えて太文字です)
2年間の執行猶予付き出場停止処分とは、要は『2年以内にテクニカルレギュレーション違反とか、重大な違反したら即時出場停止にするぞ!』ということです。

テクニカルレギュレーションとは、マシンの設計に関することです。で、例えばレース中のピットレーン速度違反とか、ショートカットしたとかという場合には、上記の違反には該当しないと思います。
(数戦前のハンガリー?でのタイヤ問題(タイヤころころ)が再発してしまったた場合には、これは即時・・・?)


敢えて太文字にしたのは何故かというと、この問題がちょっと気になって、調べようと思い昨夜ヤフーのトップページを開いたところ、トピックスに『ルノー、2年間の出場停止』というニュースが(^-^;

そのニュースをクリックして本文を読むと、2年間の出場停止が決定というもので、この執行猶予については記述はありませんでした。

↓の写真がそれです。トピックス
P1000281.jpg
本文
P1000282_20090922183317.jpg

紛らわしいなぁ・・・(^-^;


処分ですが、ポイント剥奪とか、罰金(数十億単位)が課せられる可能性もあったようですが、ポイント剥奪されたら結果的には(1ポイント毎にあるとされる)賞金がなくなりますし、罰金の場合には直接的にお金に結びつきます。
撤退が噂されるルノーにとっては、どちらも撤退へと傾くきっかけになりかねませんので、だからそれらは課せられず、執行猶予付きの出場停止処分ということに行き着いたのではないでしょうか。

ネズミ捕りの記録・・・ 



場所は裾野バイパス。交差点の近くにサークルKがあるところで、交差点をまっすぐいって緩い左カーブ→緩い右カーブとなって、直線が500メートルくらい続いて~というところです。
これの、下り側(沼津方面へ向かう側)でネズミ捕りの機械を設置していました。(反対車線からの目撃)

これを目撃したのは21日の朝の9時頃で、2時間後にこの場所を通りましたが機械は無く、取り締まりも行われていませんでした。
もしかしたら、早朝に取締りを行っていて、設置していたのでは無くて撤収していたのかも・・・?

いずれにせよ、この場所でやるなんて卑劣極まりないです(^-^;

というのも、ここの下り側はちょっとした下り道になっていて、法定は50ですが、流れ的には70キロは確実に出る道です。
それに、朝の通勤時間帯(シルバーウィークなんて言われていますが、全員が全員そうじゃないんですよ・・・僕も・・・;-;)なら・・・80~100キロは出るんじゃないでしょうか。

以前にどこかのサイトで『速度の取り締まりは下り道ではあまり行われない。その理由としては、運転者の意図に反して速度が出てしまうから。』・・・というのを読んで納得でしたが、どうもここの○○警察は違うのかな~。


イオンデポジットの除去・・・の結果 

結果からいうと、表層に出来て間もないイオンデポジットなら除去できそうです。

使った薬品は、薬品と称しましたが薬品ではなく、液体歯磨きの『ナタデウォッシュ』です。

なぜこれか? というと、イオンデポジットの除去にはクエン酸が良いかもとのことで、クエン酸を含んでいるものを探した結果、ナタデウォッシュの成分表を見たところ、クエン酸の表記があったからです。

そして、参考にしたサイトは洗車コーティング実験室イオンデポジット除去剤・対策の項です・・・が、よーくみると、クエン酸の記述が無いじゃん! っと(^-^; 

いったいどこのページ見てたのかなーと、思い出しながら別のページを探してみたところ、水道水のイオンデポジットの怖さの項の下のほうにある『洗車方法やコーティングなどで抑制』のところに、無事、記述がありました(^-^

上記の通り、効果は多少あったかなという程度でしたが、注意事項として、塗装へのダメージなどは全くの未知数です。買って試したけどダメだった!といわれると困るのでお決まりの・・・ ※購入、施工は自己責任でお願いします。 
ということです(^-^b


本当に気になってどうしても落としたい!という場合には、こちら PCS からイオンデポジットの除去剤が商品として売られていますし(購入の場合にはPCSを開いて右上のほうにあるショッピングからです)、プロミラックス(製品情報に商品は見当たりませんが、リンレイから出ていて、1000円程度でした)などの研磨剤で落とすのが良いかもです。


僕は以前に両商品を実際に使ったことがありますが、PCSの方は、結構ガンコなイオンデポジットも落ちますが、1個のイオンデポジットに掛ける除去剤の量が多く、コストパフォーマンスの点では非常に悪いです(^-^; また、落とすときに傷が付くかもだから専用のクロスを使った方がいいよーとの事でクロスも一緒に買いましたが、この点でもコストパフォーマンスが・・・(^-^;;


対してリンレイのプロミラックスは、価格はまぁ安い。効果は、塗装のクリアー層を削ってしまうことになり、あまり回数使えそうにもなく、腕が疲れます(笑)が、イオンデポジットを落とす(削り落とす)ことが出来ます。

イオンデポジットの除去・・・ 

が、出来そうな液体。

P1000278.jpg

とあるサイトで、イオンデポジットには○○○酸が良いとの記載があり、家にある薬品など、いろいろと調べてみたところ、○○○酸を含んでいるものを発見。

ためしてみたところ、ボンネットの塗装の表層に付着したイオンデポジットは除去できました(^-^b

が、やっぱりというか、ブリスでコーティングされてしまったイオンデポジットまでは除去できませんでした(^-^;

明日の洗車の際に効果を再確認して、効果が確認できれば記事にて紹介したいと思います。

テールライト、LEDユニット加工・・・ 

しました(^ー^

P1000267.jpg


リアバンパーの開口部は『ハ』の時型なので、それとは逆に『V』時型に。

LED自体へ電流を流せなく(LEDの足をカット)しただけで抵抗は何も触っていないので、点灯しているLEDには、もしかしたら通常よりも多い電流(過電流)が流れているかも・・・?
定期的に要チェックです。

F1 2009 ルノーF1の八百長レース・・・  

いわゆる、『クラッシュゲート』

昨年のシンガポールGPで、撤退がささやかれていたルノーF1チームはどうしても勝利(F1に参戦するための理由)が欲しかった。そこで、出来の悪いピケジュニアに『チームのためにクラッシュすれば来年も契約してあげるかも』と持ちかけ、そしてピケジュニアがクラッシュをし、目論見とおりにアロンソが優勝。晴れて来年(2009年)もF1に参戦できたのでした~、というのが事のあらすじといったところでしょうか。(これとは別に富士では実力で勝っていますのでこれも考慮のうちだと思いますが)


事の根本的原因は・・・やっぱりピケジュニアの出来るの悪さ(パフォーマンス不足)だと思います。
F1の下のカテゴリーではパパ(ネルソンピケ)の作ったチームでぬくぬくと愛護されながら過ごし、絶対的ファースト待遇だから当然結果も出し、F1に何とか上り詰めたわけですが、F1ではパパは協力してくれないし、これまで通りには行かなかった。
しかもチームメイトは2度のワールドチャンピオン、フェルナンド・アロンソ。レースではタナボタで2位表彰台に1度上がるも、シーズン全18戦、予選順位すべてアロンソに負けるという不名誉な記録。
クラッシュゲートによりなんとか2009年のシートを得るも、猶予期限までにポイントを1ポイントも獲れず、パフォーマンス不足により当然ながらシーズン途中での解雇・・・。

『出来の悪さ』というのは、どうしてかというと、ルイス・ハミルトンという前例があるからです。
ハミルトンは2007年、ルーキーながら9戦くらい?連続表彰台。シーズンのポイントも前年(2006年)ワールドチャンピオンであるアロンソよりも獲得。
まぁ、マシンに恵まれたということも当然ありますが、マシンが良くてもドライバーがだめではダメということで。

今後、正式なけWMSCでの結果が出て、ルノーF1がどうなるのかはまだわかりませんが、ピケジュニアのF1でのキャリアは、一部の可能性を除いて、終わりですね。
『一部の可能性』というのは、もちろんパパがシートを買うorパパがチームをF1に作ってくれるという場合です。

F1がダメで、下部シリーズや、箱のレースでも、この問題のせいでシートを得るのは簡単じゃないと思いますが・・・そのへんはもう、僕にとってはどうでもなんで(笑)ここまでで・・・。


フィット テールライトの取り外し・・・ 

P1000230トルクス

まず、テールライトの構造については上の写真のようになっています。

8ミリの六角ナット3個で留まっていて、これに加えて写真にはありませんが、下部にリアバンパーと共用のステーでピンで1箇所とネジの1箇所で固定されています。

六角ナットを外す場合にはまず、荷室のカバーを外します。そうすると、六角ナット3個のうち2個が見えます。残りの1個は上のほうにあり、覗き込まないと見えません。

六角ナットの取り外しには、アルファベットのZ型に近い小型のラチェットか、頭の小さいラチェットが必須です。


そして、純正のLEDユニットの部分を覆っているカバーは、トルクスネジが使われています。トルクスネジを外すにはそれようのドライバーみたいなものが必要と思われますが、写真下の図(トルクスネジと思い込みますw)の赤い角の部分をニッパーなどで強くつかんで、回して緩めることで外すことも可能です。
外したトルクスネジは使用せず、別の普通のネジに置き換えると、また外す際に便利です。


伊豆スカイラインにて・・・ 

いろいろ。


フィットを停めた位置から7メートルほど奥は・・・崖というか、かなりの急斜面になっています。
というのも、パラグライダーの出発地点となっているからです(^-^;
ギリギリに立つと怖いですが、空気が新鮮で良いです(^-^b

P1000257.jpg

P1000256.jpg

ブレーキを踏んだ状態。 ハイマウントの文字がちょっとイマイチだな~。
P1000258.jpg

どこかの市街地・・・?
P1000260.jpg

GDフィット、無限プロフェッショナルリアバンパーの取り付け&取り外し方・・・ 

意外と、結構苦労しましたので、記録として・・・。取り付け方法のステーとか、リアのホイールインナーへの穴あけ方法とかは省き、純粋にバンパー自体の取り付け&取り外し方法です。


P1000238 mugenp

まず取り付け。
写真1の箇所(リアから見て右側)からバンパーを写真のように取り付けます。そして、2の右リアテールライトの下にあるステーにバンパーを沿わせ、そして、かるーくバンパーを左側へスライドさせます(しわを伸ばす感じ?で。傷が付かないように要注意)。次に赤線の車体中央に2箇所ステーがありますのでそれに沿わせ、そして㊧リアテールライトの下にあるステーに沿わせ、はめ込んでかるーく叩き込んで終わり。

取り外し。
取り付け方法とはちょっと違って、まずは右側をステーのあたりまで浮かせて、左側から外しに掛かって、真ん中あたりまで外れたら右にスライドさせて外れて・・・という感じです。

この無限プロフェッショナルバンパーに限ったことではありませんが、フィッティングの良い商品には、取り付け&外す際、その方法にクセがあります。

そのクセを見抜けないと、取り付け&外しに苦労します(^-^;

F1 2009 イタリアGP 決勝 

結果は・・・

1位バリチェロ 2位バトン 3位ライコネン

タイトル争いはブラウンGPの2人で争われるでしょうね。イギリスのチームにイギリスのドライバー、イギリスのチーム監督・・・。『団体注文』がなければバリチェロの意地で面白くなりそうですが、すでにそれっぽいの(ギアボックス交換をする?)が発動しそうだったので・・・ブラウンにはタイトル争いをつまらないものにはしてもらいたくないなー。同国人が勝つのが良いんだろうけども・・・。

ハミルトンは、まさかのファイナルラップでクラッシュで表彰台逃し・・・。

フェラーリからの出走のフィジケラは惜しくも9位完走。ポイントならず・・・。

中嶋一貴選手は10位完走。残念ながら、開幕から参戦のレギュラードライバーの中では、唯一の無得点ドライバーになってしまいました(^-^;;
ポイントが取れないと来季は・・・というか、ポイントが取れても来季は・・・非常に厳しそうです(^-^;

クリアスモークテールライト、写真・・・  写真追加 

いろいろ。

P1000240.jpg
P1000238.jpg
P1000246.jpg

と、夕焼け(?)
P1000249.jpg

この他にも綺麗に取れた写真がありましたが、加工する際に上手くいかなかったのでアップロードを断念・・・。

やっぱり、Sタイプのものよりもスモークが濃い(暗め)感じです。

フィットの写真の一番下の撮影場所でちょこっと遊ぼうかなと思いましたが、ネコの目(黄色く光っているヤツ)が合って、足回りに影響が出たら嫌なので辞めました(^-^;



以下追加

加工(ナンバーのぼかし)が上手く出来ましたのでアップロード。

P1000241.jpg
P1000239.jpg

テールライトの交換・・・ 写真追加 

しました(^-^

激変とは行きませんでしたが、かなりカッコよくなりました(^ー^

フィットのタイプSにもクリアテールの設定があり、スモークの具合はそれとくらべると、同程度か、多少暗いかという程度です。

ちなみに、LEDユニットが付いていましたが、危ないほどに暗くて使えない明るさだったので、純正のを外して移植しました(^-^b
そうしたところ、純正と同じ明るさになりました。

それと、気になっていたハイマウントとの干渉もありませんでした(^-^b

が・・・、フィッティングはちょっと悪いです(^-^;
ここはまぁ、ホンダの関連会社なら純正と同程度のフィッティングのモノを作れるんでしょうけど、そうではない外部の会社(と思う)のモノなので、純正から変えるという場合には、やっぱりそれなりに・・・ということで、カッコよくなったので、気にしないようにします。

モノは、ヤフーオークションで『フィット クリアスモークテール GD』と商品検索をかければ出てきます。
※購入等は自己責任でお願いします

写真等は後日アップロード予定です。


以下追加

P1000236.jpg

取り付けネジの増し締めついでに、雨の合間を縫って撮りました。
フィラッシュ焚いたのでちょっと違う感じですが、カッコいいです(^-^b

リアバンパー、同じところを・・・ 

2回もぶつけました(^-^;

1回は1週間くらい前に家で・・・

P1000194.jpg

そして今日、写真はありませんが、病院の駐車場で・・・(;-;

同じ箇所で、目立たないところなのでまぁいいですが・・・。

あの、ぶつけた瞬間の『ガリッ!』という、ボディに響く音はイヤですね(^-^;


新しいパーツを・・・ 

『ポチッ』 っとしました(^ー^

前々から気になっていたあの部分・・・。

LEDユニットは純正と同形状っぽいから流用できるだろうし、ハイマウントへの干渉もまぁ、純正がLEDなので大丈夫だろうとのことで(^-^b

あとは・・・フィッティングかな~。

予定では、リアビューが激変します(^ー^

F1 2009 ベルギーGPの動画・・・  追記あり 

後半部分ですが、バリチェロはよくブローしなかったなぁ~と。

この画面では小さいサイズですが、動画をクリックで動画元サイト(大きい画面、たしか簡単な登録が必要だったような)で観れます。





ベルギーGPのタラレバですが・・・、イタリア出身で予選2位スタートのトゥルーリが勝つか、最低でも表彰台に乗っていれば、フェラーリのレースドライバーになれて、引退して・・・というのは、トゥルーリだったのかもしれません・・・。
これも運命・・・?なのかな・・・。


以下追記
動画観ていて色々思い出しましたが・・・、2004年くらいの、V10サウンドが最高だったなぁ~。
あと、近年はシームレスシフト(ギアチェンジに掛かる時間を極端にすくなくする)になって、聞けなくなりましたが、それまではギアチェンジの度に小さく鳴っていた『ガッ』というような、ギアチェンジ音が良い感じでした。
あとあと、トラクションコントロール(TCS)のが作動していたときの、特にフェラーリの掃除機のような音(笑)も良かったです。






プロジェクターヘッドライト モノアイ・・・ 

以前に動画をアップロードしましたが、再生できない状態になっていましたので、再アップロードします。

[高画質で再生]

フィット プロジェクターヘッドライト モノアイ RGB7色 [掲示板]

『高画質で再生』とありますが、これは有料会員向けの機能みたいです。(これをクリックしても料金を請求されるとかはありません)
あの動画サイトとか、その動画サイトは動画の画質を上げてもこういうセコイことはしないのになぁ~。


この他にも、リンク切れ等での動画の再生、画像の閲覧などができないところもあるかと思いますが、そういった場合には、コメントにて報告いただければ可能な限りで修正します。

新型PS3を・・・ 

買いました(^-^

縦置きスタンドと、PS3版のアーマードコア4 フォーアンサー と一緒に(笑)

フォーアンサーは、画面の綺麗さではPS3のが上ですが、その他はxbox360の方がロードが早く感じるし、PS3版であるような、処理落ちっぽい現象もないですので、360の方が遊ぶには適しているかなー。

プレイステーションの新型(薄型)には縁があるようで(?)、PS2の時も『うすちー』の新型PS2が出た直後くらいにそれまで使っていたPS2が壊れたので、買いなおしました。まぁ、今回は壊れてから間がありましたが・・・。


あと、本体や周辺機器で気になる点が数点・・・。
縦置きにしたときに・・・PSのロゴが回らないです(^-^;
コストの関係や、設計上の関係で・・・なのでしょうが、うすちーは回ったので、ちょっと気になります。

それと、付属の標準コントローラーのアナログスティックが滑りやすいです。もうちょっとゴムゴム感というか、滑り止め加工がほしい・・・。

最後に、L2・R2ボタンが、感圧式(?)だからでしょうか、押したときの感覚がイマイチです(^-^;

佐藤琢磨選手の今後のレースとして・・・ 

とある携帯サイトからのですが、今年秋に岡山国際サーキットで行われる、アジアン・ル・マンシリーズに参戦する、いずれかのチームからレース参戦する可能性が高いとのことです。

もう、フォーミュラーカテゴリーには・・・どうなのかな。

ハコ(といっていいのかな?)のレースに参戦するんであれば、来年は・・・?

F1 2009 フォースインディアのジャンカルロ・フィジケラ、フェラーリのレースドライバーに! 

フェラーリからのプレスリリース
by Ferrari.com

スパでのキレた走りが無ければ、こういう展開にはならなかったでしょう。
イタリアGPが楽しみです(^-^

そして・・・、戦闘力が上がってきたフォースインディアのシートに座ることが出来る、幸運なドライバーは・・・??

強化ミッションマウントのその後・・・と、今後の弄りたいこと 

強化ミッションマウントを装着してから1週間たちましたが、信号待ち(先頭限定)からのスタートダッシュ(笑)や、アクセルを一気に踏み込んだときのレスポンスが良くなったような。


そして、今後の弄りたいこと・・・・それは、やっぱりプロジェクターヘッドライト。

いまは、インナーをボディ同色にしていますが、イカリングを取り付けるところのパーツのみをボディ同色にして、後のインナーはブラック系色+クリアーを吹いて・・・というのもイカツクていいかなーと思っています。

それと、やっぱりリングをハイ&ローと、ウインカーにも付けて、両側で6灯にしたい・・・。もちろん、ブルーで(^ー^
リングは出来ればCCFLがいいですが、サイズがあるかな・・・?

加工前提なので、どこかで中古の安いの無いかな~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。