スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィット プロジェクターヘッドライト、ハイビーム用プロジェクター・・・ 

並びは適当です。

バーナーとCCFLイカリングの配線が・・・
P1000460.jpg
通らないじゃないか!(笑) CCFLイカリングはピン抜き(引っかかっているつめを押して抜く)出来ますが、バーナーのはストッパーを外して引っ張っても抜けませんでした(^-^;) 何か方法があるんだろうけど、とりあえず今はバーナーをプチプチで保護してこの状態で放置。
P1000461.jpg

カットライン。フォグライトらしくカットラインの面積が少し狭く、上方への拡散が多少ありそうな・・・。
P1000466.jpg

プロジェクター本体側面から。
P1000468.jpg

予備のプロジェクターのパーツに軽く色吹いて、配置確認・・・、微妙な大きさ・・・(^-^;)
P1000462.jpg

カバー付けてみると・・・、これまた微妙・・・。
P1000463.jpg

プロジェクター本体のみをカバーにあわせてみると、カバーの内径ギリギリでした(^-^;)
P1000465.jpg

付いていたCCFLイカリングの管の隙間。CCFLイカリングの良さというのが明るさで、その逆の良くないところが隙間があるということだと思いますが、この付いていたCCFLイカリングに関しては、まったくその良くないところというのが当てはまりません。
オークションなどで見るのは、全て1センチほど隙間が開いているのですが、これに関しては1ミリあるかないかです。
僕にいわせれば、素晴らしいリングで、青色があれば是非とも欲しい・・・。何で市販化されてないんだろう?? 前に買ったフォグにもこのタイプのリングが付いていたので、それなりに生産はされているはずだけど・・・。
P1000470.jpg


取り付けの難易度でいえばかなり難しく、無理じゃなさそうだけど諦めムード・・・ってところです(^-^;)
今後、予備のパーツで仮付け等して、見極めしたいと思います。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/1207-f1a5c479

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。