F1 2010 ベルギーGP ベッテル&バトンのクラッシュ・・・ 

今更ながらですが・・・。




スリップに入っているときは空気抵抗が減るのでウイングは持ち上がり、スリップからでているときは空気抵抗が増えるのでウイングが下がり(たわみ)ます。

それにしても、完全にスリップから出たときのたわみがすごい(^-^;

路面がちょいウェットだったとか、ドライだったとか言われていて、それがクラッシュにつながったとか何とかですが、それを考慮しなくとも、これだけ左右でウイングのたわみが違えば、マシンバランスも狂うと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/1306-ea77f5f2