F1 2010 日本GP 決勝 

結果は・・・

1位ベッテル 2位ウェバー 3位アロンソ

母国GPのカムイ選手は7位入賞!、左近選手は16位完走。

メルセデスGPのシューマッハは6位入賞、そしてチームメイトのロズベルグは終盤タイヤが外れて17位完走扱い。

他のチームでもいえることですが、今シーズンからはピットストップでは燃料の補給がなくなって、作業的には実質タイヤ交換のみとなりました。
その関係で、ピットストップ時のホイールナットを緩めて→締めてという時間がピットストップに掛かる時間に大きな影響を与えることになり、すばやく締めれるホイールナット&ホイールガンを開発し、それに伴いクルーのお勉強もしたと思われますが、シーズンの初めのころに発生した今回のような『タイヤが外れる』という、いわゆるマイナートラブル(ミス)が終盤にも起こってしまうというのは、初めのころから何も学習していないのか?と、如何なものかな。 そのミス=リタイアという重大なことになってしまうので尚更思います。
まぁチームの中身がアレだからかな・・・(笑)


そしてそして・・・、カムイ選手のオーバーテイクショーがあったようで・・・僕はテレビで観れませんでしたが(;-;)

これはチームの方針で譲られたという感じです。イン側がら空きだし、ハイドフェルドがアクセル緩めているような。



以下2つのは、完璧で、素晴らしいオーバーテイクです。ここで抜くとは・・・すごいです!






最後に・・・ヴァージンレーシングのディ・グラッシ?(だったかな?) の、クラッシュ。

決勝が始まる前の、ピットアウトしてグリッドに付くラップでクラッシュ・・・(^-^;
メカニカルトラブルでこうなるのであれば仕方のない気がしますが、単なるドライバーのミスなら、大マヌケ(笑)
次戦の韓国(開催されるか不明)でもレースシートがあれば、メカニカルトラブルだったのか、それかチームオーナーがすごく寛大な人なんでしょう。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/1330-c3c1a285