LEAD JAPAN FFB 仮インプレッション・・・ 追記あり 

とりあえず・・・、感じたことを忘れないうちに、書き留めておきます。

週末(今日)交換したパーツとは、点火プラグです。

夏にイリジウムのプラグへ交換しましたが、純正のレジスタープラグ(NGKのBKR6E-11だったような)へ交換。

交換時間は40分で、もう、慣れたもので(笑)、サクサクッと交換完了。
 
交換した甲斐があり、感じるところが増えました。


・朝イチの排気音はそこそこ音がして、リアの側面小窓の横あたりで運転席のドアを開けてFFBからの排気音を確認。その後回転が収まれば、FFBから30センチ以内に近づかないとほとんど聞こえなく、パワーエキパイへ加工前と比べると、加工後の方が少し静か。

・停止状態から発進する時、1340回転くらいまで回せば十分普通の加速が出来て、周りの流れが速いときは1570回転くらいまで回せば、速い加速が出来る。

・巡航時は、40キロ巡航は1170回転くらい、60キロ巡航は1230回転くらいで巡航可能(加工前は60キロ巡航が1250回転~1200回転後半で、加工後はそれとくらべると回転数を抑えての巡航が可能)

・1700回転くらいでのトルク感が少し増えたかな? 300メートルの上り坂で、一定の速度を維持しながら、加工前は200メートル付近でCVTのギア比が加速側へ切り替わってしまっていたのが、加工後は250メートル付近で加速側へ切り替え。

・下り坂でのエンブレが、とあるところではアクセルオフで2200回転までまわってしまっていたのが、2000回転まで回るように(200回転エンブレ軽減)なった。

・平地でのエンブレが、40キロ巡航時にアクセルオフで、1.2秒に1キロずつ落ちるようになり、回転数も1000回転後半から1160回転くらいで抑えられ、渋滞時も30キロくらいまでなら、1000回転以下での加速が可能。



明日は通勤燃費(今までの最高が・・・確か19キロ台だったかな)を調べて、FFB独特の『キーン』という加速音の発生回転数を調べて、仕上げに高速巡航&高速での加速テストやって・・・ご報告&記事上げです。


以下追記

とりあえずメールにてご報告。

通勤燃費は、22.2キロ!(プラグ交換前は確か19.4キロ)

独特の加速音は4000回転くらいで確認(プラグ交換前は3800回転くらい)

高速テストは動画にて。

機会を作って、80キロくらいからの加速を撮りたいです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/1365-1e1cceae