プロジェクターフォグライト LED化 発熱度合など・・・ 

久しぶりに休みが取れたので、LED化部分に温度センサー&抵抗の最適化をしました。


まずは温度センサーで、取り付けはLEDの真裏の一番発熱の高いであろう場所に。

肝心?の外気温は測ってなかったですが・・・

・停止時 11.3℃
・巡航時 8.7℃
・LED点灯 8.7℃から最高19.1℃(渋滞にはまったとき)まで上昇

と、なりました。

走行風が当たることにより、点灯していないときでも0.1~0.2℃ずつ下がっていき、最低温度の8.7℃にまで下がりました。

そしてLEDを点灯すると0.2~0.3℃ずつ上がり、8.7℃から5℃程度上がったところで温度の上がり幅が小さく(0.2℃ずつ)なり、最高温度に到達するときには0.1℃ずつ徐々に上がっていき、19.1℃に。

渋滞中でも多少巡航できれば0.1~0.2℃ずつの割合で下がりました。


温度は全く問題がないということが確認取れたので、5W・・・10Wに一気飛びしてつけてみようかなと思って色々調べたところ、10Wの場合はヒートシンクつけてもかなり熱くなる(100℃近く)そうで、扱いがかなり難しそうです(^-^;


次に抵抗の最適化。

部品を発注する際には10Wのセメント抵抗を各種(47、20、15、10)買ってあり、最初に15Ωを単品でつけましたが抵抗値が予想よりも大きくて、電流があまり流れない。

そこで、抵抗を合成して(合成抵抗)、47Ωと15Ωを並列でつなげることによって、約11Ωの抵抗を作りました(^-^

11Ωというと、約800mA流れているということになりオーバードライブ気味ですが、冷却はしっかりしているので大丈夫だろうと様子見です(^-^;

結果的には、電流多くした分明るくなったかというと、多少は明るくなりましたが実用には・・・な状態ですが(^-^;

やっぱり、リフレクターをまずはどうにかしないと・・・(^-^;

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/1493-953e9ebe