スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステアリングにホーンスイッチ追加・・・ 

しました(^-^

この作業においては、エアバッグを取り扱うため、自己責任において作業を実施してください。



エアバッグを外したところ。
エアバッグ後部の金属のところは、マイナスアースとなっています。
多くの車種において、ホーン=プラスコントロールといわれている所以?ですね。
P1010891.jpg

エアバッグ本体。
取り扱いには、とても注意を必要とするパーツです(^-^;
P1010896.jpg


ステーに丸穴が開いているところにプラスが接続され、プラスチック?のブッシュなどで絶縁され、プッシュスイッチとなっています。
エアバッグ=取り扱いには注意が必要と思っていますが・・・、ホーンは、つまりはエアバッグに多少なりとも衝撃を与える(叩く&押す)という行為をするんですよね。
・・・なんだかなぁ・・・(笑)
P1010895.jpg


追加スイッチの取り付け位置。
右折待ちのときにするステアリングの持ち方の(右折待ち以外ではここに指が触らない)位置に取り付けました。
慣れるまでは、多少時間が必要ですが、とても便利になるはずです(^-^
P1010905.jpg


実際に使用してみた感じ(シミュレーション)では、ホーンを鳴らすという行為はとても簡単にできるようになりました(今までは押しても鳴ら無かったりというのが結構ありましたが、このスイッチによって、確実になるようになりました)。

ただ、使用したスイッチ(商品№.1622 エーモン、押したときのオフ→ロック を改造で無くし、プラスチック同士が摺れるところにはグリスを塗布し、摺動改善)のクリック感が無く、ほんの少し触っただけでも(3mmほどの遊びはありますが)鳴ってしまうため、スイッチは容量がある程度のタクトスイッチなどに変えたほうが、もっと使いやすくなるのかなぁ~といったところです。
※スイッチは、パッケージの状態ではクリック感はあります。
 オフ→ロックの機構を取り払ったために、クリック感はなくなりました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/1538-928f33be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。