レンタルアクセスカウンター無料風景写真集 情報検索エンジン登録ホームページ分析
03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: -- | comment: --

F1 無線通信の内容の制限? 

規約が迷走に迷走を重ねていっているように感じる、最近のF1(^-^;

F1というのは、一時期チームオーダーが禁止され、その後にチームオーダーが解禁されたことからチームスポーツだと思います。

レースペースのコントロールからマシン全般の状態、ライバルとの距離やセクタータイム、コーナーごとのタイムなど、多岐にわたる情報をチームとして監視し管理し、状況に応じてピットとドライバーとで連携をして、勝利や一つでも上のポジションでのフィニッシュを目指してこそのチームスポーツであると、思います。

それなのにその手段である無線通信を制限するというのは、チームスポーツに反するような・・・(^-^;


そもそも、無線通信の内容の制限をするよりも、無線通信の時間(各フラッグ提示時以外)を制限すれば、いいんじゃないのかなと思います。

暗号化を防いだり、いちいち無線の内容チェックするよりも、ただ単に時間を制限すればいいだけのことで、では時間の制限の方法はどうするのか? といえば、まず無線通信可能な時間を規約で規定して、無線を使うときにはこの装置のこのボタンを必ず押して、押した時間だけカウントダウンして、規定した時間がゼロになれば無線通信が使えなくなる、ただそれだけのことです(^-^

F1を観る人というのは、日本で言えばマニアックな層になります(笑) し、F1の人気低迷が叫ばれています。
今回の無線通信の制限というのも、この人気低迷に対する 『対策らしい』 ですが、その原因を探るときに、まずF1のどこを最初に観て、ファン(よくF1を観るように、つまり人気)になるのか? と考えたら、無線通信というのは、ファンになったあとに興味を持つ(マニアレベルのF1ファン笑)のではないのかなと思いますし、時間制限の為に暗号を使われたのであれば、マニアな方であれば、その暗号の意味を理解する工程がワリと楽しいと思います(^-^

ということで、2004年からのF1マニアな(F1無線大好きな)管理人による乱文でした(笑)

[edit]

« ソフトバンク AQUOS 304SH 修理対応・・・  |  フォーミュラーE 開幕戦 中国GP »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/1588-609a5824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。