fc2ブログ

コンパクトデジタルカメラ LUMIX DMC-FX500 センサーのゴミ除去

今から10年以上前の2008年か2009年に、なんとなくカメラが欲しくなって買ったのがこのコンデジFX500

過去に上げた写真や動画でも使用していますが、2014年にガラケーからスマホのアクオス302SHに替えてからはスマホ写真がメインとなり、最近になって1眼のホットシューマウントに乗っけたり、簡単な写真はFX500で撮ったり、古いカメラながらまだまだ活躍? しているカメラです。

最近では、K4GPの際にホットシューマウントに乗っけて一眼で写真を撮りつつFX500で動画も撮るということをやりましたが、撮った動画を確認したときに黒い点が写っており、最初はレンズにゴミが付着したのかなと思ってレンズを拭くも改善せず、となるとついている場所はセンサーと思い分解しました。

※作業は自己責任にてお願い致します※

途中から写真を撮り始めましたが、これよりも前の手順の外装フレームの外し方は省略して・・・(なんとなく外せそうな方向に少し力を入れつつ抉ったら外れた、という何とも説明不足な感じです^-^;)。

使った道具は、ピンセット、小さめのプラスとマイナスドライバー。
フレームの下のところに有る長細い筒状のモノは、フラッシュ用のキャパシタです。高圧感電要注意です。
IMG_1617.jpg

フレキシブルフラットケーブル(FFC)は、大抵ロック用の黒い棒がついているので、外すときは黒い部分を上に引き起こすようにするとFFCのロックが外れます。
銀色のカバーはタッピングネジ3本と、皿ネジ1本で止まっており、この後清掃後にタッピングネジを締めるときには、まず逆方向に回してからネジ山を落として『カタンッ』と感触があってから締めます。
IMG_1631.jpg

K500と印字のある部品がお目当てのセンサー。FFCごと外します。
IMG_1634.jpg

外したセンサー。
縦5ミリ?、横8ミリくらいかな?
IMG_1651.jpg

センサーのレンズ方向側には、画像に写りこんでしまっているゴミがありました、中央付近の3点の白い粒がゴミです。
吐息で吹き飛ばそうとすると、息の湿気や唾が付着してしまう可能性があるので、100円ショップなどでも売っている、手でシュポシュポする・・・なんでいうんだろう? ソレでゴミを吹き飛ばします。
DSC_0661.jpg

センサーを外したところ。
IMG_1662.jpg

あとは分解の逆手順で組むだけですが、FFCは断線しやすいので、要注意です。
あと、ネジが余ってしまっても『まぁいいや(笑』 で済ませずに、しっかりと元に戻すまでがゴミの除去・清掃作業です(^-^


ゴミ除去による改善具合は、上から写真、下は動画。
赤丸の部分にゴミの写り込みが見えますが・・・。
P1020525.jpg
スクリーンショット (38)

とりあえず写真のみでの確認になりますが、ゴミ除去後は写り込みなしです(^-^
P1020534.jpg

FX500には、これからも活躍してもらおうと思います(^-^

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント