スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たまに行く・・・ 

かなり曲がりくねった峠(片側1車線)に行くと、前方の流入路からスポーツカー(外車で車高がかなり低くてカクカクしたデザインで古め)が2台、その後ろにオフロード車(タイヤが18~20インチ以上??でパジェロっぽかった)が僕の前に入ってきて、スポーツカーはどんどん飛ばし、パジェロっぽいのがスポーツカーについていこうとこちらも飛ばして行ったので僕もついていきました。
さすがにスポーツカーは速く、どんどんパジェロっぽいの(と僕)を離して行ったのですが、それでもパジェロっぽいのはついて行こうとして、コーナーでは思いっきり、横転するんじゃないかと思うくらいに一度対向車線に車体を振ってからブレーキ踏んで曲がる という具合にコーナーと次々と曲がっていきましたが・・・。
後ろから見ている僕としては『車体を振ったときに対向車が着たら危ないだろ!』とか思いながらも、車体振ったときの揺れ方がすごく面白かったので少し笑いながらもついていきました。
そして峠の中ごろに差し掛かったところで飛ばしていったスポーツカー2台がロータスのエリーゼ(初めて現物見ましたがかっこよかった)に引っかかっている状態で、4台連なった状態で走行していると、なにやら警官が車線規制をしていて何か事故でも起こったのかなと思い先のほうを見てみると、トラックが1台路肩に停車している状態で・・・。
車線規制が解除(警官が通っていいよという合図)され、そのトラックを見てみると、右前輪がバーストしている状態で、その後ろにバイクのドライバー?(たぶんドライバーとは言わないと思う)が事情聴取みたいのを受けていて、さらに後方ではバイクが数台横転している状態でした。
バイクの人が事情聴取受けていたということは、その人絡みで何かあったのかなと思いますが・・・。



以下、バイクに対する愚痴や認識などなどあります。読みたい方は続きを読むをクリックで読めます。

・これはバイクに乗っている人7割くらいの人に言えることですが、バイク1台分の隙間さえあればどんどん抜いてくるし、黄線でも前方が開いていればお構いなしに追越するし。団体で走っていれば後続の車関係なしに2車線に分散して車線を占領するのもいる(いい年こいたオジサンでも)バイクの隊列では、一番前方と後方にリーダー格の人がいるみたいなのですが、一番前方の人が黄線越えてどんどん抜いていくと、後方の人もそれに習って黄線跨ぐわいきなり割り込んできて急ブレーキかけるわカーブの途中でも追い越しかけるわでホント迷惑。うざったい。ツーリングの秋という事で各地にバイクの人が出かけ、それによってバイクの事故が増えているみたいですが、上記のとおり、事故がおきて当たり前と思います。バイクの場合は速度出しているときにコケたら、その衝撃を受けるのは生身の人間なので、当然怪我をします。怪我ですまない場合は・・・お察しください。(○ぬという言葉は嫌いなので出したくありません)

残りの3割の人ですが、こちらはちゃんとルール守って黄線では追い越しかけないし無理な追い越しもない。団体で走っていても馬鹿なリーダー格はいない。前方の車に近づいたときでもある程度の車間保って走行するし・・・という愚痴&バイクに対する僕の認識・・・などなどでした。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/451-f2ae06a4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。