スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へぇ~ 

と、思った事で・・・

野球用語が天気予報の世界にもあるそうで

空振り、見逃し

この2つがあるみたいです。

以下引用

「空振り」とは天気予報で予想した現象が起こらなかった場合、「見逃し」とは逆に予想しなかった現象が起こった場合を指すことになっている。つまり、例えば天気予報で雨だったのに実際に雨が降らなかったときは「空振り」となり、天気予報で雨を予想していなかったのに雨が降ったときは「見逃し」となる。一般的にはある一定の期間内で「空振り」「見逃し」の割合をとった「空振り率」「見逃し率」といったように使われている。「空振り率」と「見逃し率」は予想が外れた場合であるので、当然この2つを除いたものが天気予報の「適中率」となる。 
以上

空振り=三振? 見逃し=失策? 適中率=打率?


新聞の天気予報とかは結構外れている(適中率が低い)気がしますが・・・。
新聞やニュースなどの天気予報より、年功の方(お年寄りの方)の天気予報の方がよく当たる気がします。

新聞の天気図を見て自分で予報するというのもなかなか面白いので、興味のある方は(無い方でも)やってみてはいかがでしょうか?


情報元、引用元

野球用語が天気予報の世界にもある

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/55-5db53a88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。