スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1 2008 ヨーロッパGP 決勝 

今年初開催。スペイン・バレンシアの行動を使用した市街地コースで行われたレースですが結果は・・・

1位マッサ 2位ハミルトン 3位クビサ

コースですが、コースマップを見た感じでは低速コーナーが多そうなコースだなと思ったんですが、実際のレースのオンボードを観るとそんな低速でもなく、左右のコーナーをリズミカルに、アクセルを踏みながらでも行けるコーナーが多いことがわかりました。

スタートでは、中嶋が地元英雄のアロンソに追突・・・。コイツはもよくもやってくれたな・・・(-_-x) とおもいましたが、オンボードの映像を観た感じでは、アロンソのブレーキングがやけに早く、前がクリアな状態なのになんでこんなところでブレーキを踏むの?というところで踏んだところに中嶋が追突した感じでした(中嶋もくっ付き過ぎていた感じはありますが)。アロンソはこの追突でリアウイングを失い、修理して出てくるかなと思いましたが、リア回りにもダメージがいってしまったのか、そのままリタイア・・・。非常に残念です・・・中嶋め・・・(-_-x)

その後は、ライコネンがピットストップの際に早く出すぎて、クルーを轢いて、その数週後にエンジンブローでリタイア。
フェラーリは前戦でマッサがエンジンブロー、そして今回はライコネンがエンジンブロー。レギュレーションにより19000回転のリミッター付きエンジンを使用しているのに、なぜこんなにもブローするのか?全く持って不思議ですが、もしかして・・・エンジンを極秘裏に弄りすぎているせいで耐久性が落ちた??

後日談ですが、ハミルトンは風邪(インフルエンザ?)を患いながらの出走だそうで。
『風邪じゃぁこの結果は仕方ない』とか『風邪じゃなかったら』とかなんとか、言い訳が出てきそうですが・・・

レーシングドライバーとして、レース開催中に最高のコンディションを保てないのってどうなんよ?? 

っと。

レースするのが仕事だよね?風邪なんか患っている暇なんてないよね?
まぁ、ハミルチンはお遊びが過ぎるようなので・・・(^_^;

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/709-9268dc7b

FIA F1 Championship2008 ヨーロッパGP

F1ヨーロッパGP フェラーリ、初開催の地でポール・トゥ・ウィン! F1GP、ヨーロッパGPはフェラーリのマッサが優勝!! 2位にマクラーレンのハミル...

  • [2008/08/26 23:53]
  • URL |
  • 日々平々凡々 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。