フィット エンジンカバー 

前にも記事にしたかもしれませんが、僕のフィットのエンジンカバーは、2個あるうちの1個のネジの台座の部分が空回りして、カバーを取り外せない状態になっていたのですが、数週間前に台座の部分に切込みを入れてネジの抵抗を減らし、そしてカバーを取り外すことに成功。
そして見てみるとネジの部分を見てみると、ネジの受けの部分がかなりキツク締まっていて、受けの部分をウォーターポンププライヤーで挟み込んで回そうとしても、受けの部分が削れるだけで全然ダメ。
そして・・・どこで知ったのかも自分ではわかりませんが、回りを焦がさない用にネジの受けの部分だけをライターで20秒ほどあぶって、そしてプライヤーで挟みこんで回すと・・・回りましたヽ(´∇`)ノ

外れたのが↓です。かなり苦闘しました(^_^;;
DCF_0449.jpg

で・・・、エンジンカバーをはずしてナニをするのかというと・・・、定番の弄りです(^ー^
予定としては、プレートを外して、その溝をパテ埋めして、ボディ同色に塗る予定です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/764-e9626abc