フィット ナンバー灯 交換  一部訂正あり 

作業のフローチャートっぽいのです。

僕的には、内装を剥がさずにやる方法をお勧めしますが、一応両方の手順を・・・。
これはあくまでも目安としてなので、作業はすべて自己責任にてお願いします。
交換の際、球を長時間の点灯後に交換しようとすると、絶対に火傷します。球が十分に冷えてから作業してください。

*内装を剥がさずに交換する場合*

ナンバー灯をしたから覗き込みとこのようになっています。リア側から見て、右側は右方向へスライドさせてやると外れます。僕は前回の交換時にこの透明なパーツを破損させてしまった(気温?劣化?)ので、一応ドライヤー等で少し暖めてからスライドさせると良いと思います。破損させてしまってもディーラーにて・・・確か1000円もしないパーツだったと思います。最初に外すときは少し固くなっていると思いますので、少し力を加えてスライドさせます。
DCF_0083.jpg

そうすると、このように外れます↓そしたら、2箇所爪で止まっているところがありますので、爪をつまんで透明なパーツと分離させます。
大体は・・・写真のようにかなり汚いですw ついでなんで、綺麗にしてあげましょう。
DCF_0082.jpg

あとは球を交換して、点灯確認して、元通りにはめ込ませて、外すときとは逆の方向にスライドさせるとロックがかかったような感じになりますので、そうなったら交換終了。
左側のは覚えてませんが・・・多分、左側にスライドさせると外れると思います。



*内装を取り外して交換する場合*

まずは2箇所クリップをはずします。ここのクリップはクリップの中央のくぼみ(?)を押してやると外れるタイプだそうです。僕が作業したときはこのタイプのだとはわからず、外れなかったので壊してしまいました(^-^; そして、クリップの横にある取っ手の内側に隙間があるところがありますので、そこに保護テープ等を巻いたマイナスドライバーなど、先の細いものを突っ込んで、こじる感じで外します。
DCF_0086.jpg

次に、内装の中央にヘソみたいなものがありますので、これも保護テープを巻いたマイナスドライバーで取ります・・・が、この下に何が付いていたか忘れたので、何かあった場合には、その何かを外します。
DCF_0085.jpg

そうすると、内装を剥がせる状態になります。まずは、端のほうに保護テープを巻いた~のを突っ込んで浮かせます。外すときに、バキバキっと結構大きな音がしますが、気にしません。
で、剥がすとこんな感じになります↓ 
そしてナンバー灯の辺りを見ると、片側は丸見え、片側はワイパーのモーターユニットに一部隠れた状態になっていますので、作業の邪魔になるようであれば、ユニットを外します。ユニットのはずしかは他のサイトでも乗ってると思うので・・・。ナンバー灯交換作業でユニットを外すのは時間が結構かかるのでお勧めしません(^-^;
DCF_0084.jpg

ナンバー灯のところを見ると、つめで2箇所止まっているだけなので、指ではさみこんで取ります。コードの長さが短いようであれば、ソケットを外してやります。


そして交換して、外した逆の手順でやりますが、内装を剥がしたときに、白いクリップがボディ側に数個残っている場合がありますので、残っていた場合にはラジペンなど、先の細いペンチでボディから外し、内装につけてやります。
そして穴の位置を合わせ、ちょっと強めに全体を満遍なくたたいてやり、すべてのクリップをはめ込ませます。

そして最後に点灯確認して終了~。

わかりにくかったらすみませんm(_)m



以下訂正
点灯確認は球を取り付けた時点で行ってください。LEDには極性がありますので、向きによっては点灯しない可能性があります。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/856-d268260f