スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィット 学習型ステアリングリモコン 取り付け ③ 

前に、ルームミラーのカバーにリモコンの赤外線LEDの穴あけて、パドルシフト用の配線を活かして・・・という感じで進めていましたが、どうにもパドルシフト用の配線を活かせ無さそうなので、この方法はあきらめました(^-^;
この方法では、リモコンを触れる状態であればいつでも操作できることが魅力だったので、どうにかこの方法を推し進めれないかといろいろ考えましたが、ステアリングを回すたびに配線が干渉する音がかなり気に障ったり、配線が絡まったりして危険だったので、諦め・・・。

そして、替わりに思いついたのがこれ↓です。
DCF_0119.jpg

エアバッグの周辺に配線を這わせて、パドルシフト用の穴を通してあります。
この方法だと、ステアリングを左右に20度くらい回した状態でもリモコンの操作が可能です。

さらに、オーディオの受光部(赤外線の受信部分)に、オス側のギボシ端子のカバーを半分に切った物を接着させると受信感度が上がるので、計、30度くらいまでは操作が可能となりました(^-^

そしてそして・・・、元々付いていたパーツを耐水ペーパーで下地作って、塗装して・・・。
片側は未塗装&位置あわせ中です↓
DCF_0121.jpg

片側はボディ色(ビビットブルーパール)で塗装しましたが・・・色が浮きすぎで、全く合いません(^-^;

下地作って位置あわせ中(右側)のが結構良い感じなので・・・つや消しブラック+クリアー塗装したら良い感じになるかも・・・?
または、ダイノックカーボンシートでも貼るか・・・な。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/923-b9deb5aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。