スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へぇ~ 

と、思ったニュース。

ゲームに熱中しすぎて現実との区別が曖昧に

記事によると

『最近、ナムコの『プレイステーション2』用ゲームで、カルト的ヒットを飛ばしている『塊魂』(カタマリダマシイ)。このゲームを3日続けてプレイしたロサンゼルス在住のアーティスト、コージー・キッチンズさんは、コントローラーから手を離しても、このゲームのことを簡単には忘れられなくなっているのに気づいた。

「車でベニス大通りを走っていたときのことだ」と夫のダンさんは振り返る。「突然、妻がハンドルに手を伸ばしてきて、一瞬だがハンドルを右に切ろうとした……。(それから)手を離して、じっと窓の外を見ていたかと思うと、呆然としたような顔で私を見てこう言ったんだ。『ごめんなさい。さっき通り過ぎた郵便受けを拾えたら、と思ったの』」

 略奪行動に走る『塊魂』のプレイヤーなどというものを、ドライバーや歩行者が心配する必要はさほどないが、コージーさんのように、現実生活での意識とゲーム中のそれとが混乱してしまうという経験は、筋金入りのゲーム愛好者の間ではよくある出来事なのだ。あまり頻繁に起こるため、ゲーム会社は顧客に向けてこんな警告を発することも考えたくなるかもしれないゲームをすると、まもなくゲームと現実の区別がつかなくなる可能性があります。』


こんなことってあるんですね。

僕もゲーム好きですが、こういう経験は無いのでどういうものなのかは分かりません。





HOT WIRED JAPAN



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hirohiroki1985.blog22.fc2.com/tb.php/98-62dea2ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。